子どもの勉強スタイルに変化あり?通信教育でやる気成績アップ!

机に向かう習慣をつけよう!子どものやる気を引き出す通信教育

プリントやテキストの紙面に書き込むか、端末で動画を見て課題を終わらせたいか?どちらにも良さがあって、選ぶのに悩む部分かもしれません。 最終的には子どもの勉強のスタイルやプログラムの内容を見て決めることになりそうですが、両方の良さを挙げてみたいと思います。

親が気になる通信教育のメリットと費用

子どもたちが飽きずに自宅学習が続けられる工夫がいっぱいの通信教育。 塾と同様に、自分の苦手科目や受験対策と自由にプログラムが選択できるようになっています。 内容の充実とともに気になるのは費用面です。 親にとって通信教育を選択するメリットは何でしょうか。

多彩なプログラムで子どもも親も満足する通信教育

現在の通信教育の中身は私たちが思っている以上に進化しています。 子どもたちは勉強と習い事の両立で忙しい毎日を送っています。 自宅での学習は、自己管理ができないと難しいところもあります。 工夫されたプログラムと、親も安心して自宅での勉強を見守ることができる仕組みをご紹介します。

プリントスタイルと端末を使ったデジタル学習の魅力

学校が終わる頃、車がズラリ並んでいて小走りで迎えの車に乗り込む子どもの姿、車はそのまま習い事先へ急ぎます。
他の日は塾や別の習い事に通い、一週間のうちに休む日がないくらい子どもたちは忙しい毎日を送っています。
今の子どもたちには、勉強する方法として選択肢がいくつも用意されていて、自分が続けやすい学習法を選べる環境にあり少し羨ましく思います。
習い事の時間が多くて思うように勉強がはかどらない子や、自分のペースで勉強したい、誰にも邪魔されたくないなどの理由で通信教育を選択する人が増えています。
少し前までテキストやプリント中心の通信教育がメジャーでした。
ここ数年でインターネットの環境が各家庭に整ってきていることから、通信機器の普及が進み、パソコンやタブレット、スマホ等の動画を用いた通信教育がお目見えするようになりました。
動画が配信される通信教育では塾と同じように家に居ながら、パソコンやスマホがあれば外出先で講義が受けられ、会員なら好きな時間に視聴できるとあって別の習い事と両立したい子にとってはペースを崩さずに学習できる方法として定着しつつあります。
専用のタブレットを用いた通信教育では、動きのある画像で漢字の書き順など視覚で印象づけられるように工夫されています。
通信機器を使った最新の通信教育と、これまで通りのテキストやプリントの通信教育にはどちらにも良さがあります。
お子さんのスケジュールに合わせて、短時間で集中して勉強できるのは共通しています。
これから始めようと考えている人も、プリントと端末を使う学習の、どちらのタイプの通信教育が利用しやすいか、親子で話し合ってみましょう。